設立趣旨

「一般社団法人リハビリ・デイサービス協会」は、2014年6月に設立され、通所介護事業所間の連携・情報交換を図り、ともに切磋琢磨し研鑽を積むことで、全国の高齢者の運動機能の維持・向上を図る活動を行ってきました。

設立時とは異なる外部環境を踏まえ、より多くの通所介護事業所の会員を募り、デイサービス全体として間口を広げ、持続可能な介護保険制度の確立に寄与し、豊かな超高齢社会を目指すために、当協会は「一般社団法人日本デイサービス協会」に名称を変更致しました。

今後は、地域に密着した中小事業者から全国展開する大手事業者まで多くの声を集め、本当に必要な介護サービスは何なのかを提言し政策に反映させていく活動、介護保険財政の改善と自立支援介護に寄与するエビデンスデータの効果検証を行い取りまとめる活動、運営ガイドライン(人員基準・設備基準・運営基準)案を取りまとめ政策提言等を行っていきます。

日本デイサービス協会理念

私たち日本デイサービス協会は、世界に類を見ない超高齢社会を迎える中で、誰もが安心し豊かな老後を過ごすことの出来る地域社会を創生することに寄与したいとの強い想いを持っています。その想いの実現に向けて、政府が推進する「地域包括ケアモデル」の確立に向け、在宅介護サービスの柱の1つであるデイサービスの役割を改めて問い直してまいります。

デイサービス事業者が相互に連携をとり、各事業者が質の高い介護サービスの提供、確かなリハビリテーションの実践を通じて、高齢者の自立支援を促し、QOLの充実を図れるよう啓蒙してまいります。

更には、高齢者の自立支援を促すことによって、介護予防の実現へと繋がり、膨れ続ける社会保障費の抑制にも大きな貢献が出来るとの強い自負を持って、各事業者の現場視点による知恵と創意工夫をとりまとめ政府へと提言を行ない、持続可能な社会保障制度の実現を目指します

Topへもどる